神戸ポートタワー

よくあるご質問

神戸ポートタワーには、全国からたくさんの方が観光に訪れます。
一般的によくご質問いただく内容をFAQとして下記に紹介いたします。
ユニークなご質問から、意外と気づかなかった点、不思議な疑問まで・・・ポートタワーのヒミツを大公開!

どうしてポートタワーは赤いのですか?
当初は、シルバー1色というイメージで計画を進めていましたが、地上からの高さが60mを越す事から当時の航空法によって変更を余儀なくされました。
またシルバーでは曇りの日などは非常に見えにくいだろうという意見もあり、話し合いの結果、山の緑、空と海の青に鮮やかで美しく映える外側が赤、内側に白が採用されました。
どうしてポートタワーはあんな形しているの?
「神戸のシンボルになるユニークなタワーを」という目標で専門家からいろんな素晴らしいアイデアが出されましたが、日本古来の「鼓」をイメージした鋼管パイプ構造を選んだことによって、つづみ型になりました。
よく見ると、まっすぐな鉄パイプですが、斜めに組み合わせることによって、遠くからみるとゆるやかなカーブを描いているように見えます。
阪神・淡路大震災の時は大丈夫だったの?
阪神・淡路大震災は震度7という非常に大きな地震だったにも関わらず、ポートタワーはびくともしませんでした。
その理由は、地上よりも地下の方が重たい構造になっており、安定性があったことや、もし大きな地震が起きた時のために、何度も検証実験が行われ建築されたことが大きな要因です。
ポートタワーの展望からはどこまで見えるの?
天気がよければ東は大阪、西は淡路島、南は関西国際空港、北は六甲山の山並みまで見ることができます。
ポートタワーを建てることになったきっかけは何ですか?
昭和36年3月 神戸市船客待合所の建設が始まり、「待合所の屋上に高い展望台を造り港や船を眺めれるようにしてはどうだろう」という案が出たのがきっかけとなりました。全体のバランス、高さ、デザインなどを話し合った結果、独立したタワーを建てた方が良いだろうという結論にいたり、ポートタワーを建設することになりました。
ポートタワーとウルトラマンはどっちが高いの?
たびたび質問される内容ですが、断然ポートタワーの方が高いです。ポートタワーは108メートルなので、初代ウルトラマン(40メートル)と比べると2.7倍高い計算となります。
ちなみにゴジラは100メートルなので、ポートタワーとほぼ同じ高さとなり、展望台ではゴジラの目線で街を見渡すことができます。